問い合わせ先

島根県NIE推進協議会事務局
〒690-8668
 松江市殿町383
 山陰中央新報社内
  Tel:0852-32-3305
  Fax:0852-32-3550
  Mail:nie@sanin-chuo.co.jp

更新状況

「第15回島根県わがまち新聞コンクール」作品募集

【2019/4/16】
  島根県NIE推進協議会は現在、県内の小・中学生、高校生を対象に「第15回島根県わがまち新聞コンクール」の作品を募集している。

  自分が今住んでいる郷土の歴史や素晴らしさ、名所・旧跡、名物・特産品、人物などを新聞で紹介することで、地域を見つめ直し、社会とのつながりに関心を持つとともに、取材や情報発信の楽しさも知ってもらおうと、毎年実施している。

  応募は個人のほか、グループ、学校・学級単位でもよく、作品は手書き、パソコン制作のどちらでも可。用紙サイズはA4判から模造紙大まで。学校名と氏名、学年、個人の場合は住所、電話番号も明記した応募票(書式自由)を付け、〒690-8668、松江市殿町383、山陰中央新報社編集局読者室内、島根県NIE推進協議会「わがまち新聞コンクール係」(TEL0852-32-3305)へ。締め切りは10月4日(金)必着。郵送のほか、直接持参も可。

  10月中旬に審査を行い、小、中、高校の部門ごとに最優秀賞1点、優秀賞2点、優良賞数点を選ぶ。上位入賞作品は山陰中央新報紙面で紹介、11月上旬に表彰式を行う。

「第10回いっしょに読もう!新聞コンクール」作品募集

【2019/4/16】
 日本新聞協会は現在、「第10回いっしょに読もう!新聞コンクール」の作品を募集している。

 家族や友だちと一緒に新聞記事を読み、出し合った感想や意見を書いて応募する。自分だけでなく、周りの人の感想や意見も聞いて、より深く考える機会を提供することを目的としている。

 募集要項は次の通り。

 【応募内容】昨年9月6日(台風21号関連は昨年9月4日から)から今年9月9日までの新聞から興味を持った記事を切り抜き、家族や友だちに見せ、(1)選んだ理由(2)読んだ感想(3)家族や友だちの意見(4)意見を聞いた後の自分の意見―を所定の応募用紙に記入し、記事と共に送る。応募用紙は日本新聞協会のホームページ(http://nie.jp/)からダウンロードするか、県NIE推進協議会に申し込む。(コピーやモノクロ印刷も可)。

 【対象】小・中学生、高校(高専)生

 【締め切り】9月9日(必着)

 【賞】最優秀賞=小、中、高校(高専)別に各1編▽優秀賞=同各10編▽奨励賞=全体で計100~120編▽優秀学校賞=各5校▽学校奨励賞=一定の基準を満たした学校▽HAPPY NEWS賞=1編。発表は11月下旬に新聞紙上、ホームページなどで。

 【応募・問い合わせ先】〒690-8668、松江市殿町383、山陰中央新報社編集局読者室内、島根県NIE推進協議会事務局(TEL0852-32-3305)


2019年度島根県NIE実践指定校

学 校 名 実践代表者 備 考
松江市立雑賀小学校 孝忠 康裕教諭 3年目
奥出雲町立阿井小学校 石飛 悠也教諭 新規
津和野町立津和野中学校 山本 悦生教諭 新規
島根県立益田翔陽高等学校 阿部 志朗教諭 2年目
島根県立宍道高等学校 岩町  暁教頭 新規
島根県立松江ろう学校 葛原 靖子教諭 新規
私立出雲北陵中学校 手銭 修司教諭 4年目
島根県立情報科学高等学校 石倉 輝也教諭 5年目