山陰インド協会関連ニュースもっと見る

ロード中です…


インド関連情報 (共同通信)もっと見る

ロード中です…


「Web版山陰インド協会会報NO.7(2019.4.1〜2020.3.31)」


「島根県の工業製品のご紹介」
 医療・福祉関連、環境機械、食料品製造など島根県の工業製品を紹介しています。


History of The San-in India Association
山陰インド協会の歩み

2012 Oct.
The Nakamura Hajime Memorial Hall was established
in Matsue City, Japan, to honor the late Doctor Hajime Nakamura (1912-1999), an internationally respected authority on Indian Philosophy and Comparative thought.
Then ambassador of India to Japan at that time remarked that the hall is “an embodiment of Indo-Japan exchange.”
インド哲学、比較思想学の世界的権威・中村 元(なかむらはじめ)博士を称える記念館が松江市に開館しました。(記念館を訪れた)当時の駐日インド大使が「日本とインドの交流を進めるシンボル」と評価しました。

2013 Jun.
With the establishment of the Nakamura Hajime Memorial Hall, San-in India Association was established to promote economic exchange between India and San-in Region, Japan.
中村元記念館の開館に伴ってインドと山陰間の経済交流を推進しようと山陰インド協会が設立されました。

2013 Nov.
The 1st Delegation from leading San-in business persons was dispatched to India, and the delegation has been dispatched 7 consecutive years until 2019.
インドへ第1回目となる経済視察団を派遣しました。これまで7年連続となる7回の視察団を派遣中です。

2014 Nov.
The 2nd Delegation from Lake Nakaumi, Lake Shinji and Mt. Daisen Area Mayors’ Association, Lake Nakaumi, Lake Shinji and Mt. Daisen Block Economic Council and San-in India Association including 5 Mayors of this region was dispatched to Kerala and met with Hon. Chief Minister of Kerala State and Hon. Mayor of Kochi City.
中海・宍道湖・大山圏域の5市長を含む市長会、同ブロック経済協議会、山陰インド協会の合同視察団をケララ州に派遣。ケララ州の首相やコチ市長と面談しました。

2015Dec.
Kerala State and Lake Nakaumi, Lake Shinji and Mt. Daisen Area Mayors’ Association, INJACK and Lake Nakaumi, Lake Shinji and Mt. Daisen Block Economic Council have signed Memoranda Of Understanding (MOU) in New Delhi. 4 signers made a report to Prime Minister of India Narendra Modi and Prime Minister of Japan Shinzo Abe on the conclusion of the MOUs. Conclusion of the MOUs was contained in a joint statement as a result of the summit meeting between the PMs and was also described in the “Fact Sheet”, which complement the joint statement. And therefore the MOUs were officially adopted by the Government of India and Japan.
ケララ州と中海・宍道湖・大山圏域市長会、印日商工会ケララとブロック経済協議会はニューデリーで覚書に調印しました。調印した4人は安倍、モディ両首相にMOU調印を報告。今回の覚書調印が首相会談の成果として発表される共同声明に盛り込まれ、声明を補完する「ファクトシート」(公文書)にも記載されたことで、日印両政府が公認した覚書となりました。

2017.Jan
An inauguration ceremony for Global Ruby Training Centre Project was held at Nippon Kerala Centre in Kochi in the presence of Mr. Yukihiro Matsumoto (as known as “Matz”), the chief designer of the Ruby programming language and an honorary citizen of Matsue City.
「グローバルルビートレーニングセンター」の開所式が、ケララ州コチ市にある日本ケララセンターにプログラム言語「ルビー」の開発者で松江市名誉市民でもある『マッツ』で知られる、まつもとゆきひろさんも出席して開かれました。

2017Feb.
A delegation from San-in Region attended “Kerala Business to Business Meet 2017” to commemorate the 1st Anniversary of conclusion of the MOU .
ケララ州などとの覚書1周年を記念して
ケララ産業展「Kerala BtoB Meet2017」に山陰ブースを初出展しました。


2018. Jun.
MOU between JETRO(Japan External Trade Organization) Matsue office and San-in India Association has been signed to promote business exchange between India and Japan.
ジェトロ松江と山陰インド協会は、山陰とインド間の経済交流を促進するためビジネス環境の強化支援を目的にした覚書を締結しました。

2018. Sep.
Lake Nakaumi, Lake Shinji and Mt. Daisen Area Mayors’ Association dispatched a Japanese language teacher to Kerala State.
中海・宍道湖・大山圏域市長会がケララ州に日本語教師を派遣しました。

2019. May.
With the expiration of the chairman’s term, Mr. Norio Matsuo, President of San-in Chuo Shimpo Newspaper Co., Ltd., assumed the chairman of San-in India Association.
任期満了に伴う役員改選で、山陰インド協会の新会長に山陰中央新報社の松尾倫男代表取締役社長が就任しました。


2019. Nov.
A delegation of Kerala State Government led by Hon’ble Chief Minister of Kerala Pinarayi Vijayan visited San-in region. Kerala State and Lake Nakaumi, Lake Shinji and Mt. Daisen Area Mayors’ Association signed a MOU to promote business and cultural exchange in 2015, but it was the first time visit to San-in region of the delegation from the State.
ケララ州のピナライ・ヴィジャヤン首相率いる政府代表団が山陰を訪問しました。ケララ州と中海・宍道湖・大山圏域市長会は2015年、経済文化交流を目指した覚書を締結していますが、同州政府団の山陰訪問は初めてでした。

2020. Mar.〜
Many of India related projects of San-in region including Japan International Cooperation Agency (JICA) funded projects has been suspended because of the global spread of COVID-19.
新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大でJICAの海外展開事業など山陰地方の多くのインド関連事業が一時停止状態となっています。

メールマガジン「ナマステ山陰」を会員に配信中
 

 山陰インド協会は、会員限定サービスの一環として、インド国内や日本とインド間の経済・文化交流などをまとめたメールマガジン「ナマステ山陰」を配信しています。日本とインドの経済文化関連情報のほか、山陰両県からの海外進出企業関連情報、中村元記念館情報、会員各社の関連動向などを随時会員各社(メール登録者に限る)にメール配信しています。

配信サービスの受信希望の方は、山陰インド協会への入会をお願いします。


  登録はこちら。

  
マドゥリさんのコラム 「今日も元気で!」

ロード中です…