山陰のニュース写真

  • 青く照らし出された出雲大社の本殿(奥)と八足門=出雲市大社町杵築東

    青に染まる出雲大社 海洋ごみ減少願い

     「しまね海ごみゼロの日」に当たる16日の夜、出雲大社(島根県出雲市大社町杵築東)の本殿と八足門が海を連想させる青色にライトアップされた。海洋ごみを減らそうという啓発の一環。幻想的に照らし出された一夜 (2019/08/17) [全文]

  • さんどうが宿泊機能を持たせる複合商業施設「コモレビト」=鳥取県大山町大山

    新宿泊拠点、今秋誕生 参道入り口、にぎわい創出狙う

     鳥取県大山町大山の大山寺参道入り口に今秋、新たな宿泊拠点が誕生する。「大山開山1300年祭」を機に注目が集まる中国地方最高峰の大山(1729メートル)と日本海を一望できる絶好のロケーションを生かしな (2019/08/17) [全文]

  • 専門科目の主会場で、DIY実践の場となる島根県邑南町宇都井の旧服部医院

    邑南「木の学校」29日開講 関係人口拡大に期待

     島根県邑南町が8月末、羽須美地域の空き家を活用し修繕などの技術を身に付ける実践型講座「おおなんDIY木の学校」を開講する。65歳以上の高齢化率56%の地域で、人口減少も進み空き家が増えている課題を逆 (2019/08/17) [全文]

  • コンサートで集中講座の成果を披露する受講生たち=大田市大森町、なかむらホール

    石見銀山国際音楽アカデミー 講座集大成、優雅な調べ

     世界で活躍する一線級の管弦楽団奏者らから1週間の集中講座で指導を受けた受講生のコンサートが16日、石見銀山の中核地域・大田市大森町のなかむらホールであった。音楽を専攻する大学生からプロのオーケストラ (2019/08/17) [全文]

  • 訪日外国人客の誘致促進に向けて意見を交わす出席者=安来市安来町、観光交流プラザ

    市観光協 在住外国人と意見交換 訪日客、安来に呼び込め

     島根県安来市観光協会が、市内の観光関係者と在住外国人が訪日外国人客(インバウンド)対策について意見を交わす交流会を月1回開いている。6月以降、延べ約60人が参加し、観光地としての安来の魅力度アップに (2019/08/17) [全文]

  • 抹茶ドリンクの購入客でにぎわう台湾の「milk shop」。東京進出で出雲抹茶の認知度向上が期待される(桃翠園提供)

    出雲・桃翠園の抹茶使用、台湾の飲料店 9月に東京に出店

     茶製造販売の桃翠園(島根県出雲市斐川町上直江)グループの農業生産法人で生産している抹茶を使用する、台湾の飲料店チェーン「milk shop」が9月、東京都内に店舗をオープンする。日本では初出店。桃翠 (2019/08/17) [全文]

  • 生産者が持ち寄った新甘泉の出来栄えを見る関係者=鳥取県北栄町由良宿、県園芸試験場

    鳥取の赤梨、新甘泉 23日に初出荷

     鳥取県オリジナルの赤梨「新甘泉(しんかんせん)」の2019年産査定会が16日、同県北栄町由良宿の県園芸試験場であった。梅雨明けが遅れて日照不足に悩まされる中、主力の有袋栽培の平均糖度は平年並みの12 (2019/08/17) [全文]

  • カブトムシとの触れ合いを楽しむ親子=松江市朝日町、一畑百貨店

    世界の昆虫展まもなく閉幕 松江・一畑百貨店

     松江市朝日町の一畑百貨店で開催中の「世界の昆虫展」(山陰中央新報社主催)がにぎわっている。珍しい昆虫を見ようと、16日も多くの家族連れでにぎわった。20日まで。 カブトムシ約200匹と触れ合える特設 (2019/08/16) [全文]

  • 夜の安来市中心部を練り歩く「月の輪神事」の山車=同市安来町

    安来 月の輪まつり始まる エンヤー!山車威勢よく

     安来の夏を彩る「やすぎ月の輪まつり」が14日、島根県安来市安来町を会場に4日間の日程で始まり、サメに見立てた三日月形の灯籠や矛で飾った山車が市中心部を威勢よく練り歩く「月の輪神事」が行われた。15日 (2019/08/16) [全文]

  • 真剣な表情で祝福の言葉を聞く鳥取県伯耆町の新成人=同町宇代、鬼の館

    伯耆、日野で成人式 「家族、地域に恩返しを」

     鳥取県西部の伯耆、日野両町で15日、お盆の帰省に合わせた真夏の成人式があり、学生、社会人ら計110人が大人としての自覚や責任を胸に刻み、新たな一歩を踏み出した。 このうち伯耆町では、114人を対象に (2019/08/16) [全文]

  • 教室で短編映画の撮影に臨む大和演劇クラブのメンバー=島根県美郷町都賀西、大和小学校

    美郷の大和小で短編映画作り 12月、人権の集いで上映

     大和小学校(島根県美郷町都賀西)の大和演劇クラブが夏休みを利用し「家族」をテーマにした短編映画の制作に取り組んでいる。4~6年生のメンバー7人のうち、6人が俳優、1人が助監督となり、20分程度にまと (2019/08/16) [全文]

  • 龍頭が滝の来訪者の安全などを祈願する住民たち=雲南市掛合町松笠

    雲南 龍頭が滝で滝まつり 来訪者の安全祈願

     日本の滝百選の一つ、島根県雲南市掛合町松笠の龍頭が滝で15日、恒例の滝まつりがあり、地区住民らが来訪者の安全や健康、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。 龍頭が滝は、落差40メートルの雄滝と、30メー (2019/08/16) [全文]

  • 正午の時報に合わせて黙とうをささげる参列者=松江市殿町、松江護国神社

    松江護国神社で終戦記念祭 平和の願い、令和も継承

     終戦の日の15日、松江市殿町の松江護国神社で、戦没者を追悼する終戦記念祭が行われた。遺族や自衛隊関係者ら約30人が参列して、戦没者の冥福を祈り、永遠の平和を誓った。 記念祭は、サンフランシスコ講和条 (2019/08/16) [全文]

  • どじょうすくい踊りを披露する出場者=安来市飯島町、市総合文化ホール

    安来節日本一競う 安来で全国優勝大会始まる

     民謡・安来節の日本一を決める「安来節全国優勝大会」が15日から3日間の日程で、島根県安来市飯島町の市総合文化ホールで開幕した。全国6ブロックの予選会を勝ち抜いた6~83歳の安来節保存会員約750人が (2019/08/16) [全文]

  • 安全操業と豊漁を祈願する関係者=浜田市原井町、浜田漁港

    沖合底引き網漁船、浜田漁港で出漁式 16日出発

     2カ月半の休漁期を終え、新たな漁期を迎える浜田漁港(島根県浜田市)で15日、沖合底引き網漁船の出漁式があった。2船団4隻を操業していた会社が経営破綻し、水揚げ量減少が懸念される中、関係者が豊漁と安全 (2019/08/16) [全文]

  • 社会的なテーマについて、議論した内容を発表をする学生たち=出雲市小境町、県立青少年の家サン・レイク

    日韓未来フォーラム 両国大学生が意見交換 未来語り合う

     日韓両国の大学生が社会的なテーマについて話し合う「日韓未来フォーラム」が、島根県出雲市小境町の県立青少年の家サン・レイクで13日から3日間の日程で開かれた。学生たちは「徴用工問題」などについて、両国 (2019/08/16) [全文]

  • 傘を操り踊る参加者=鳥取市末広温泉町、若桜街道

    鈴の音 涼やかに 鳥取しゃんしゃん祭

     鳥取の夏を彩る第55回鳥取しゃんしゃん祭(同祭振興会主催)の一斉傘踊りが14日、鳥取市のメインストリート・若桜街道などであった。台風10号の接近に気をもんだ踊り手約4千人が、金銀の短冊や鈴の付いた傘 (2019/08/15) [全文]

  • 一斉叩きの練習をする参加者=松江市寺町、松江鼕伝承館

    10月開催 松江・鼕行列 100人「一斉叩き」初実施へ

     10月20日に開催される松江の秋の風物詩「鼕(どう)行列」で初めて「鼕一斉叩(たた)き」が行われる。統一したたたき方を同時に披露するもので、地区の垣根を越えた音の迫力を観客に体感してもらうことが狙い (2019/08/15) [全文]

  • 伝統工芸「弓浜絣」の巾着にホオジロザメの剥製をデザインした「サメ巾着」=境港市花町、海とくらしの史料館

    弓浜絣にサメあしらう 巾着作り販売 境港・海とくらしの史料館

     海とくらしの史料館(鳥取県境港市花町)が、境港、米子両市の弓ケ浜半島を中心に伝わる伝統工芸「弓浜絣(ゆみはまがすり)」の巾着にサメをあしらった「サメ巾着」を作製し、販売している。同館は40種類のサメ (2019/08/15) [全文]

  • 完成したスペースの出来栄えを確認する学生たち=松江市美保関町美保関、大正館柘榴

    島根大生ら美保関・大正館柘榴 改修 イベントスペースに

     島根大総合理工学部建築デザイン学科の学生が、松江市美保関町美保関の貸し切り型旅館「大正館柘榴(ざくろ)」2階部分を1年半かけて改修し、イベントスペースを造った。美保湾の波の模様を壁に描くなど、美保関 (2019/08/15) [全文]

  • 参加者と談笑する金川琢麿シェフ(左から3人目)=浜田市国分町、国府公民館

    東京の金川シェフ(浜田出身) 郷里で腕振るい食事会

     島根県浜田市国分町出身で東京都内の人気イタリア料理店で腕を振るう金川琢麿シェフ(37)が13日夜、浜田市国分町の国府公民館で島根県産食材を使った食事会を開いた。金川シェフの店は「島根イタリアン」をコ (2019/08/15) [全文]

  • これまでに発行した介護サービス利用者の戦争体験集を手にする常陸実理事長=出雲市神西沖町、ひまわり福祉会

    戦争体験 後世に ひまわり福祉会 介護利用者の証言 冊子に

     戦争の時代を生きた人たちの体験を後世に伝えようと、福祉事業を展開するひまわり福祉会(島根県出雲市神西沖町)が全国の同業者に呼び掛け、介護サービスの利用者から、証言の聞き取りを続けている。毎年冊子にま (2019/08/15) [全文]

  • 「まる姫ポーク」(手前)とともに出荷する野菜を確認する植田智之常務(左)ら=江津市後地町、「神楽の里 舞乃市」

    江津・浅利観光 1次産業振興へ「地域商社」事業開始

     高齢化や人手不足で販路開拓が進まない地元生産者を支えようと、浅利観光(島根県江津市浅利町)が、島根県西部の農林水産品を県内外の飲食店などに売り込む「地域商社」事業に乗りだした。自社で取り扱う江津市特 (2019/08/15) [全文]

  • 元映画館を改修した施設で、ボルダリングを楽しむ利用者

    島根県西部唯一ボルダリング施設 新たなレジャースポット人気

     2020年東京五輪で採用された新種目でホールド(突起物)をつかんで壁を登るボルダリング。島根県西部で唯一楽しめる「アンダーフォレスト ボルダリングシアター」(益田市あけぼの東町)は、高さ4メートルの (2019/08/14) [全文]

  • 同時にバブルリングを披露する親子3頭のシロイルカ=浜田、江津両市、水族館アクアス

    シロイルカ親子3頭、バブルリング人気 親子息ぴったり

     水族館アクアス(島根県浜田、江津市)のシロイルカの親子3頭がそろって三つの泡の輪「バブルリング」をつくるパフォーマンスが人気だ。夏休みに合わせた7月20日の開始以来、プール前の観覧席は定員500人が (2019/08/14) [全文]

  • 広場の道沿いに設置され、来場者の足元を照らすLED灯籠=島根県飯南町角井、志津見ダム上流広場

    飯南・志津見ダム上流広場 千本の灯籠でライトアップ

     島根県飯南町角井の国道184号沿いの志津見ダム上流広場で、発光ダイオード(LED)を内蔵した千本の灯籠で場内を照らし出すライトアップイベントが開かれている。柔らかな光の演出が帰省客などの目を楽しませ (2019/08/14) [全文]

  • 優秀映像教材選奨の小学校部門で優秀作品賞に選ばれた「漫画 故事成語」のDVD

    境港市観光協会の「漫画故事成語」 栄えある優秀作品賞に

     鳥取県境港市観光協会が販売する「漫画故事成語」のDVDが、日本視聴覚教育協会(東京都)の「2019年度優秀映像教材選奨」の小学校部門で優秀作品賞に選ばれた。難解な故事成語を映像や音声を通し分かりやす (2019/08/14) [全文]

  • あんどんを見る観光客=浜田市金城町追原

    美又温泉であんどん設置 夏の夜演出、柔らかな光

     美人の湯で知られる美又温泉(島根県浜田市金城町追原)の旅館街通りに、手づくりのあんどん50基が設置され、石畳とあんどんの光が作り出す世界が観光客の目を楽しませている。17日まで。 普段と違う旅館街を (2019/08/14) [全文]

  • 大会本番を控え、ディベートの練習に取り組む部員たち=雲南市三刀屋町三刀屋、三刀屋高校

    俳句甲子園、三刀屋高校2年連続で出場 予選突破へ決意新たに

     三刀屋高校(島根県雲南市三刀屋町三刀屋)の文芸部が、全国の高校生が俳句の腕前と鑑賞力を競う「俳句甲子園」(17、18日、松山市)に2年連続で出場する。部員は俳句初心者の1年生のみ10人で、ほとんどが (2019/08/14) [全文]

  • アカマツを剪定する庭師=安来市古川町、足立美術館

    足立美術館でアカマツの剪定始まる 一層端正な名庭園

     米国の日本庭園専門誌で16年連続日本一に選ばれた島根県安来市古川町の足立美術館の日本庭園で、夏の風物詩となっているアカマツの剪定(せんてい)が行われている。専属庭師が不要な枝や古い松葉と皮を取り除き (2019/08/14) [全文]

  • 江角泰俊さんがデザインしたJALの新制服(EZUMI提供)

    出雲育ち江角さん、JALの新制服考案 出雲便でもお目見え

     島根県出雲市で育ったファッションデザイナー・江角泰俊さん(37)が、2020年に刷新する日本航空(JAL)の制服のデザインを手掛けた。同年4月から東京-出雲便をはじめ国内外全線で約1万4千人の客室乗 (2019/08/14) [全文]

  • バタフライを実演する松田丈志さん=松江市東朝日町、松江テルサ

    元競泳日本代表松田さん 松江で児童に水泳教室

     元競泳日本代表で五輪メダリストの松田丈志さん(35)を招いた水泳教室が12日、松江市内であった。市内外の児童28人が速く泳ぐ技術を学び、さらなる上達を図った。 松田さんは宮崎県延岡市出身で、アテネ、 (2019/08/14) [全文]

  • ギラファノコギリクワガタを手に、記念写真に納まる小学生=松江市朝日町、一畑百貨店

    松江・一畑百貨店で世界の昆虫展 クワガタ手に記念撮影

     松江市朝日町の一畑百貨店で開かれている「世界の昆虫展」(山陰中央新報社主催)の関連イベントとして11日、世界最長のクワガタ「ギラファノコギリクワガタ」との記念撮影会があり、30組の親子連れらが珍しい (2019/08/13) [全文]

  • 鳥取県中央家畜市場の子牛平均価格日本一の原動力となった県基幹種雄牛「白鵬85の3号」(資料)

    7月の鳥取の子牛市場が日本一 種雄牛が人気

     鳥取県中央家畜市場(鳥取県琴浦町湯坂)の7月の子牛1頭当たりの平均取引価格が日本一となったことが、JA全農鳥取県本部のまとめで分かった。2017年9月に宮城県で開催された全国和牛能力共進会(全共)で (2019/08/13) [全文]

  • 草原でペダルのない自転車のレースを楽しむ子どもたち=大田市三瓶町

    大田・三瓶で多彩な野外スポーツ体験 山の日、魅力満喫

     「山の日」の11日、国立公園・三瓶山を間近に望む島根県大田市三瓶町のレストハウス山の駅さんべ周辺で、アウトドアイベント「山の日フェス」があった。山麓の豊かな自然の魅力を発信しようと同市が昨年に続いて (2019/08/13) [全文]

  • 熱演する出演者=鳥取県江府町御机、奥大山スキー場

    奥大山山の日ロックフェス バンド演奏やご当地グルメ楽しむ

     山の日を記念した野外音楽イベント「奥大山山の日ロックフェス」が11日、鳥取県江府町御机の奥大山スキー場であった。涼しい風が吹き抜ける夏のゲレンデで、訪れた家族連れらがバンド演奏やご当地グルメを楽しん (2019/08/13) [全文]

  • 林業機械の説明を聞く子どもたち=雲南市吉田町吉田

    機械操作や木工教室、雲南 林業のいろはを学ぶ

     「山の日」の11日、子どもたちが山の恵みや自然に触れる「山のおかげSUMMER(サマー)in吉田」が、島根県雲南市吉田町内であった。親子連れ約120人が、高性能の林業機械体験や木工教室を通じて山での (2019/08/13) [全文]

  • 後鳥羽上皇ゆかりの和歌を披露する隠岐國縁吟会の石橋直子さん(右)=境港市上道町

    境港で皇の松まつり 詩吟愛好家が後鳥羽上皇縁を初吟詠

     後鳥羽上皇ゆかりの松「皇の松」が立つ鳥取県境港市上道町の皇の松会館周辺で10日夕、恒例の「皇の松まつり」があった。地元の詩吟愛好家と交流のある島根県海士町の詩吟愛好グループ「隠岐國縁吟会」が初めて参 (2019/08/13) [全文]

  • アユを捕まえて喜ぶ子どもたち=島根県美郷町都賀西、基幹集落センター<br>

    美郷町で夏を楽しむつどい アユのつかみ取りや神楽堪能

    "> 島根県美郷町都賀西の基幹集落センターで10日、「夏を楽しむつどい」があり、アユのつかみ取り体験や地元の都賀西子ども神楽による石見神楽の上演などを、大勢の来場者が楽しんだ。 アユのつかみ取りは、2 (2019/08/13) [全文]

  • 語り部の引野律子さん(右端)の話に耳を傾ける参加者=松江市中原町、大雄寺

    猛暑忘れる怪談の世界 「松江ゴーストツアー」人気

     松江観光協会が昨年から開催する「松江ゴーストツアー」が人気だ。夏場の夕暮れ時から夜にかけ、文豪・小泉八雲が再話した怪談のゆかりの地を語り部と共に歩いて回る内容で、今年は計6回(定員90人)の予約が早 (2019/08/12) [全文]

  • トロッコ型車両に乗る観光客たち=島根県邑南町下口羽、旧口羽駅

    トンネル、山並み満喫 旧JR三江線でトロッコ型車両運行

     昨春廃止になったJR三江線の旧口羽駅(島根県邑南町下口羽)を発着点に10日、トロッコ型車両の運行イベントがあった。新たにコースに加わった第2口羽トンネル(約390メートル)内を走り、乗客がひんやりと (2019/08/11) [全文]

  • 三瓶山を望むテント前でくつろぐ家族連れ=大田市三瓶町

    高級感あるキャンプ体験 三瓶山で大自然堪能

     大田市三瓶町の国立公園・三瓶山西の原で10日、高級感あるキャンプを楽しむ「グランピング」の体験イベントがあった。島根県内から参加した4組14人が、雄大な山容を望む草原に設けたテントで一夜を過ごし、大 (2019/08/11) [全文]

  • うちわづくりを楽しむ親子=島根県西ノ島町別府

    屋台や木工体験楽しむ 西ノ島で「みなと夏フェスタ」

     「みなと夏フェスタ2019」が10日、島根県西ノ島町美田、別府にまたがる別府港であり、家族連れらが地元海産物の屋台や木工体験など多彩な催しを楽しんだ。【詳しくは本紙紙面をご覧ください】 (2019/08/11) [全文]

  • 高屋茂男学芸課長(左)に土器の特徴を取材する子どもたち=松江市大庭町、県立八雲立つ風土記の丘

    新聞制作通し古代文化学ぶ 松江の小学生5人

     新聞制作を通して古代文化を学ぶ教室が10日、松江市大庭町の県立八雲立つ風土記の丘であった。同市内の小学生5人が学芸員に取材し、古代史への理解を深めた。 展示室で取材に挑戦した5人は、展示品の土器や埴 (2019/08/11) [全文]

  • ヘラクレスオオカブトに見入る子どもたち=松江市朝日町、一畑百貨店

    カブトムシやクワガタに歓声 松江で「世界の昆虫展」開幕

     子どもたちに人気のカブトムシやクワガタを集めた「世界の昆虫展」(山陰中央新報社主催)が10日、松江市朝日町の一畑百貨店で始まった。めったに見ることができない珍しい虫たちの姿に、子どもたちが歓声を上げ (2019/08/11) [全文]

  • 練習の成果を披露する出演者=安来市飯島町、市総合文化ホールアルテピア

    33組のバンドが熱演 安来で音楽教室の発表会

     ヤマハパルス米子楽器社が松江、米子両市で開く音楽教室で学ぶ人たちの発表会「PMS FESTIVAL(フェスティバル) IN YONAGO」が10日、安来市飯島町の市総合文化ホールアルテピアであった。 (2019/08/11) [全文]

  • 羽田空港から到着し、出迎えを受ける帰省者=益田市内田町、萩・石見空港

    お盆、帰省ラッシュ始まる 出迎えた家族と笑顔で再会

     お盆を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュが10日、始まった。山陰両県の空港や駅には、大きな荷物や土産物を抱えた帰省客が次々と降り立ち、出迎えた家族や友人と笑顔で再会した。 空路は出雲、萩・石見、隠岐、 (2019/08/11) [全文]

  • 島根県内での新規就農の課題について意見を発表する若手就農者=出雲市西新町2丁目、朱鷺会館

    UIターンによる新規就農 農林水産団体県民フォーラム

     島根県内の農林水産団体などでつくる「食料・農林漁業・環境を考える島根県民フォーラム学習会」のシンポジウムが9日、出雲市内であった。U・Iターンによる新規就農者が県内で増加傾向にある中、新規就農者の確 (2019/08/10) [全文]

  • 京都アニメーションが手掛けた原画の繊細な描写に見入る来店者=松江市田和山町、今井書店グループセンター店

    京アニ原画 松江展示会は奇跡 焼失を免れた30点

     35人が犠牲になった京都市伏見区の「京都アニメーション」の放火殺人事件で、焼失を免れた原画とイラスト約30点が、松江市田和山町の今井書店グループセンター店で展示されている。展示は11月に京都で開く予 (2019/08/10) [全文]

  • ドッグランに衣替えする道の駅・犬挟の多目的広場。奥左がセンターハウス、右がトイレ=倉吉市関金町山口

    倉吉道の駅犬挟にドッグラン 犬好き呼び込む活性化

     鳥取、岡山両県の県境部・犬挟(いぬばさり)峠にある道の駅・犬挟(鳥取県倉吉市関金町山口)にドッグランを整備しようと倉吉市が9日、ふるさと納税制度を活用し寄付金の受付を始めた。道の駅活性化に向け地名に (2019/08/10) [全文]

  • 中野洋平講師(右)から集落の説明を受ける学生たち=松江市島根町沖泊

    東大生、松江の観光考える 島根半島巡り 住民と意見交換

     地域課題解決に挑戦する人材を育てる東京大の「フィールドスタディ型政策協働プログラム」で、学生4人が主に島根半島で、現地視察や地元住民と意見交換している。複数回、来訪を重ね、ゆくゆくは観光メニュー構築 (2019/08/10) [全文]

  • 古浦海水浴場への無料Wi-Fi設置を知らせる張り紙を貼る松江市役所鹿島支所の職員

    松江・古浦海水浴場 地元自治会が発案 ビーチに無料Wi-Fi

     海水浴シーズンにあわせ、松江市鹿島町の古浦海水浴場に無料のWi-Fiが設置された。インターネット環境を整え、行楽客にSNS(会員制交流サイト)などで古浦の魅力を発信してもらう狙いで、10日から利用で (2019/08/10) [全文]

  • 遮熱性舗装を施し白っぽく見える路面(右側)と施していない路面の温度を機器で測る施工業者担当者(左)と手で確かめる鳥取河川国道事務所職員

    暑さ対策 国交省が効果検証 遮熱性舗装で路面10度低下

     鳥取市のメインストリート・若桜街道(国道53号)で約4千人が練り歩く鳥取しゃんしゃん祭の一斉傘踊りを控え、国土交通省鳥取河川国道事務所が若桜街道の一部区間に施した遮熱性舗装の効果を検証した。通常の路 (2019/08/10) [全文]

  • 応援へのお礼を述べる福島康太主将(中央)

    甲子園から帰校 米子東ナイン声援に感謝

     第101回全国高校野球選手権大会に県代表として28年ぶりに出場した鳥取県米子東高校野球部員が試合翌日の9日、米子市勝田町の同校に戻った。出迎えた教職員や生徒、保護者計約120人が強豪相手に中盤まで互 (2019/08/10) [全文]

  • 益田市立図書館前で12日のイベント「としょキャン」の準備に当たる村岡詩織さん(右)

    利用者増へ「としょキャン」開催 益田市立図書館 

     図書館離れを食い止めようと、島根県益田市の市民有志が12日、市立図書館(益田市常盤町)前で竹のドームを作ったり夕涼みをしたりしながら、好きな本などについて語り合うイベント「としょキャン」を開く。中心 (2019/08/09) [全文]

  • 西本智之監督(手前左)の指導で打撃練習に取り組む江津高角フェニックススポーツ少年団の選手

    江津高角フェニックス 選手不足克服 全国大会へ

     島根県江津市の少年野球チーム、江津高角フェニックススポーツ少年団が、18日から明治神宮球場(東京都)などである高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントに出場する。子どもの数 (2019/08/09) [全文]

  • 試合終了後、応援団へのあいさつを終えてベンチへ向かう米子東の選手たち=兵庫県西宮市、甲子園球場

    夏の甲子園 米子東 初戦敗退

     第101回全国高校野球選手権大会第3日が8日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、鳥取代表で28年ぶり14度目出場の米子東が今春の選抜大会8強の智弁和歌山(和歌山)に1-8で敗れた。鳥取県勢は5年連続の (2019/08/09) [全文]

  • NBAのフェニックスサンズとコーチ契約した玉川康平さん=米アリゾナ州フェニックス、トーキングスティックリゾートアリーナ(玉川さん提供)

    松江出身の玉川さんNBAコーチに フェニックスサンズと契約

     松江市出身の玉川康平さん(29)=米アリゾナ州在住=が、米プロバスケットボールNBAのフェニックスサンズ(本拠地・アリゾナ州フェニックス)とコーチ契約した。選手としての挫折を乗り越え、チームを支える (2019/08/09) [全文]

  • エゴマ油の受注状況を確認するオーサンファームの飯田夏樹課長補佐(左)ら=島根県川本町因原、同社

    エゴマブーム再燃 島根県の製造業者 TVで紹介 注文殺到

     さまざまな健康効果で知られるエゴマ油がテレビ番組で相次いで紹介され、島根県内の製造業者などに全国から注文が殺到している。生産能力を大きく上回る受注が続き、加工設備を増強した業者も。認知症の予防効果で (2019/08/09) [全文]

  • それぞれの保存会が使う糸操り人形を手に、談笑する会員たち=山口県周南市安田、三丘徳修館

    出雲保存会、山口・周南の会 共同公演で継承を誓い合う

     7月末に約70年ぶりの復活を果たした「出雲糸操り人形保存会」が今月初旬、演技指導などを仰いだ山口県周南市の保存団体の活動拠点を訪れ、共同公演を行った。周南市では、島根県出雲の人形芝居がルーツともされ (2019/08/09) [全文]

  • 復旧、改修工事費が大幅に膨らむ見通しとなった国民宿舎さんべ荘

    大田市のさんべ荘改修費 1億円強膨らみ7.1億円

     2018年4月の最大震度5強の地震に伴う島根県大田市三瓶町の「国民宿舎さんべ荘」の大規模改修事業で当初6億円と見込んだ復旧・改修工事費が7億1千万円に膨らむ見通しとなった。浴室や給排水設備の配管の追 (2019/08/09) [全文]

  • 森脇治夫さん(右)の指揮で合同演奏する児童と高校生

    出雲の小学生連合チーム初練習 本番向け音色に磨き

     9月7日に出雲ドーム(出雲市矢野町)である吹奏楽とマーチングの祭典「第28回出雲ドーム2000人の吹奏楽」のオープニングに、市内の小学生が初めて連合チームをつくって出演する。7小学校から公募で集まっ (2019/08/09) [全文]

  • 今井大造館長(左)から来場5千人の記念品を受け取る原井直美さん(中央)

    江津・今井美術館 フィギュア展 5千人突破 原井さんに記念品

     島根県江津市桜江町川戸の今井美術館で開かれている企画展「海洋堂フィギュア展」(今井美術館、山陰中央新報社主催)の来場者が8日、5千人を突破し、節目の来場者となった浜田市長浜町の会社員、原井直美さん( (2019/08/09) [全文]

  • 幻想的な光を放つ和傘=鳥取県大山町大山、大山寺

    10日から大山「大献灯」 和の光 幻想世界誘う

     国立公園・大山の夏の風物詩「お盆の大献灯」が10~12日、鳥取県大山町大山の大山寺周辺で行われる。7日夜に内覧会があり、ライトアップされた和傘や絵灯籠の幻想的な光が一足早く披露された。 大山寺と大山 (2019/08/08) [全文]

  • 覚書締結式で丸山達也知事らと握手する益田喬社長(中央)=松江市殿町、島根県庁

    イワミ村田 大田・波根に新工場建設 グループ1割増産

     電子部品製造などのイワミ村田製作所(島根県大田市大田町)が、電子機器に組み込む電子部品の需要拡大を見込み、東に約5キロ離れた大田市波根町の波根地区工業団地に新工場を整備する。8月中に着工し、2020 (2019/08/08) [全文]

  • 「全国公募 日美展」で大賞に選ばれた畑志壽子さんの「ブーゲンビリアとジャカランダが満開」(全国公募日美展事務局提供)

    益田・畑さん、けが、病越え日美展大賞 臨場感ある色鉛筆画

     全国から1300点以上の応募があった「全国公募 日美展」の絵画部門で、島根県益田市駅前町の畑志壽子さん(88)の色鉛筆画「ブーゲンビリアとジャカランダが満開」が上位3点の大賞に入った。交通事故で負っ (2019/08/08) [全文]

  • 小倉遊亀の作品「聴く」に見入る来場者=松江市袖師町、島根県立美術館

    「小倉遊亀と院展の画家たちの展」 後期展示開始まる

     松江市袖師町の島根県立美術館で開催中の企画展「小倉遊亀(ゆき)と院展の画家たち展」の後期展示が始まった。女性初の日本美術院同人となった小倉の静物画や人物画、ゆかりの作家の秀作など85点が26日まで公 (2019/08/08) [全文]

  • 経島の上で祝詞を奏上する神職=出雲市大社町日御碕

    日御碕神社で神幸神事 夕日に祈る 無病息災

     島根県出雲市大社町日御碕の日御碕神社(小野高慶宮司)で7日夕、「夕日の祭」とも呼ばれる神幸(みゆき)神事が営まれた。県内外から訪れた参拝者が神輿(みこし)行列に加わり無病息災を祈った。 日御碕神社は (2019/08/08) [全文]

  • 阿達雅志国土交通大臣政務官(左)に米子、境港間を結ぶ高規格道路の整備を求める平井伸治鳥取県知事(左から2人目)=東京・霞が関、国土交通省

    米子、境港 高速道を 平井知事と両市長 国交省に初要望

     鳥取県の平井伸治知事、米子市の伊木隆司市長、境港市の中村勝治市長が7日、国交省を訪れ、事業が凍結されている両市間をつなぐ高規格(高速)道路の整備を初めて要望した。米子市内を走る高速道から、水木しげる (2019/08/08) [全文]

  • 「身近でなんでも相談窓口」の看板。連絡会員の法人の窓口などに設置する

    雲南 引きこもりや障害、生活困窮 福祉課題 適切に支援

     社会的孤立など潜在化しがちな福祉課題の兆候を見つけ、適切な支援につなげようと、島根県雲南市内にある14の社会福祉法人で組織する連絡会(竹下三郎会長)が住民らの困りごとの情報を共有し、適切な相談窓口を (2019/08/08) [全文]

  • 棍術のポーズを決める高梨航希さん

    武術太極拳 棍術 松江四中 高梨さん 全国優勝

     全日本武術太極拳選手権大会の、棍(こん)と呼ばれる棒を使って演武する棍術で、松江第四中学校2年の高梨航希さん(14)が県勢初となる優勝に輝いた。猛練習が実を結んだ快挙に「信じられない」と喜び、さらな (2019/08/08) [全文]

  • 解放されたスペースで勉強する子ども

    島根大付属図書館 宿題に集中50席 小中学生に開放

     夏休みに小中学生が外で勉強できる場所をつくろうと、島根大付属図書館(松江市西川津町)が一部スペースの開放を始めた。23日まで。 自宅ではゲームなどの誘惑があるため、外で勉強したいという要望があること (2019/08/08) [全文]

  • 珠算の県大会で獲得した優勝旗、優勝カップを手に、中国大会に向けて意気込みを語る門田塾の生徒

    大田 そろばん仲間5人 お見事 7部門優勝 中国大会へ

     島根県大田市の同じ珠算教室に通う小学生、高校生の5人が今月下旬、岡山市である中国大会に出場する。7月に浜田市であった県大会で小学生から一般までの個人・団体計16部門のうち、最多の7部門で優勝。年の差 (2019/08/08) [全文]

  • 北条バイパス(手前)に面す道の駅・北条公園の南側エリア。希望の館(奥左)、レストラン(同中央)、特産品販売所(同右)が並ぶ

    道の駅・北条公園 再整備基本計画策定 24年度オープン目指す

     鳥取県北栄町が国道9号北条バイパス沿いの道の駅・北条公園(北栄町国坂)の再整備基本計画を策定した。1993年11月のオープンから四半世紀たち、老朽化対応と魅力向上のため施設建て替えを盛り込んだ。特産 (2019/08/08) [全文]

  • 出西しょうがを収穫する永戸豊代表

    特産品「出西しょうが」出荷始まる

     島根県出雲市斐川町の特産「出西しょうが」の出荷が7日、同町出西地区で始まった。生育は順調で、今季も例年並みの10トンを目標に、収穫が続く10月末まで県内外に出荷する。 出西しょうがは、繊維が少なく、 (2019/08/07) [全文]

  • 紙面を作る専用端末について、編成局の記者(手前左)から説明を受ける参加者

    松江 児童ら56人 本社見学 新聞制作の最前線体感

     毎日届く新聞はどうやって作られているんだろう?-。山陰両県の小学生と保護者計56人が6日、松江市殿町の山陰中央新報社を訪れ、編集局や編成局など普段は見られない新聞制作の心臓部に足を踏み入れた。紙面を (2019/08/07) [全文]

  • 慰霊碑に花を手向ける島根県遺族代表の本間恵美子さん=広島市中区、平和記念公園

    本間さん 広島の式典初参列 入市被爆 母は語らず

     広島市中区の平和記念公園で6日に行われた平和記念式典に、島根県の遺族代表者として松江市苧町の本間恵美子さん(69)が初めて参列した。6年前に90歳で亡くなった母の淳(あつ)さんは、原子爆弾投下2日後 (2019/08/07) [全文]

  • 8時15分に黙とうをささげる島根県原爆被爆者協議会と県被爆二世の会の会員ら=松江市学園南1丁目、北公園

    松江の慰霊碑前で黙とう 核兵器廃絶へ 誓い 新た

     松江市学園南1丁目の北公園にある原爆慰霊碑では、島根県原爆被爆者協議会(原美男会長)と県被爆二世の会(松浦広昭会長)の会員らが、原爆が投下された時間に合わせて黙とうし、永遠の平和を願った。 会員らは (2019/08/07) [全文]

  • 舩杉力修准教授(左)の聞き取りに答える佐々木恂さん=島根県隠岐の島町(島根県隠岐の島町提供)

    竹島知る関係者インタビュー 動画サイトで証言公開へ

     竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))について、島根県隠岐の島町民など関係者が語る様子を撮影し、動画配信サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開するプロジェクトが始まった。関係者が高 (2019/08/07) [全文]

  • ボルダリングの壁の前に並び、フランス代表チームの選手たちと記念撮影する地元の子どもたち=倉吉市山根、倉吉体育文化会館

    ライミング世界選手権 仏代表 倉吉で合宿開始 

     11日から東京都で開かれるスポーツクライミングの世界選手権に挑むフランス代表チームが事前合宿地の倉吉市に入り6日、練習を始めた。練習会場の鳥取県立倉吉体育文化会館(倉吉市山根)で歓迎式典があり、選手 (2019/08/07) [全文]

  • レギュラーシーズン後半に向け、意気込みを見せる松江シティFCの田平謙主将(左から2人目)ら選手。中央は山陰中央新報社の松尾倫男社長=松江市殿町、同社

    松江シティ主将ら 巻き返しへ決意

     今季、日本フットボールリーグ(JFL)に参入し、レギュラーシーズンを折り返した松江シティFCのMF田平謙主将(30)らが6日、松江市殿町の山陰中央新報社を訪れ、「一つでも多く勝っていきたい」と後半戦 (2019/08/07) [全文]

  • ロジャー・リードセンター長(左手前)から合金の特徴や用途などを学ぶ生徒たち

    松江の高校生 超耐熱合金の世界的権威から特徴や用途学ぶ

     島根大(松江市西川津町)が先端金属素材の研究拠点として設立した「次世代たたら協創センター」のロジャー・リードセンター長(英オックスフォード大教授)による講義がこのほど、松江市内の三つの高校であった。 (2019/08/06) [全文]

  • 今年5月末の大栄西瓜の査定会で糖度を調べる検査員=鳥取県北栄町妻波、JA鳥取中央大栄西瓜選果場(資料)

    JA鳥取中央 スイカ販売額 全国1位へ

     JA鳥取中央(倉吉市)管内の鳥取県中部で生産されたスイカの2019年の販売額が、前年比1億4千万円増の31億6700万円(2日現在)となり、単一農協として全国1位の見通しになった。ハウス栽培へ移行を (2019/08/06) [全文]

  • 田中初子さん(左から3人目)が描いたあんどん画に見入る3兄弟=出雲市大社町杵築東、出雲大社

    ホーランエンヤ 3兄弟描いたあんどん画 出雲大社へ奉納、展示

     今年5月に松江市で行われたホーランエンヤ(松江城山稲荷神社式年神幸祭)で躍動する中学生の3兄弟の姿を描いたあんどん画が、出雲大社(島根県出雲市大社町杵築東)で展示されている。3兄弟の大叔母のアマチュ (2019/08/06) [全文]

  • 憧れの大舞台に向けて守備練習に熱が入る浜田ボーイズナイン=浜田市黒川町、同市野球場

    中学硬式野球 浜田ボーイズ 全日本選手権 初出場

     島根県西部唯一の中学生硬式野球チーム「浜田ボーイズ」が、12日から東京ドームなどである第13回全日本中学野球選手権大会(ジャイアンツカップ)に初出場する。結成5年目にして「守り勝つ野球」で山陰、東中 (2019/08/06) [全文]

  • 旧JR三江線沿線を巡るジュニアサマーキャンプで、美郷町浜原をリヤカーを引いて歩く小学生

    旧三江線 リヤカーで進め! 島根、広島の小学生16人挑戦

     昨春廃止された旧JR三江線の沿線を巡る「ジュニアサマーキャンプ2019」で、島根県内と広島県の小学5、6年生16人が5日、スタート地点の旧浜原駅(島根県美郷町浜原)を出発した。テント泊を中心とした4 (2019/08/06) [全文]

  • 日本ワインコンクールの甲州部門で部門最高賞を受賞した「島根わいん縁結甲州2018」=出雲市大社町菱根、島根ワイナリー

    「島根わいん」日本ワインコンクールで部門最高賞

     島根ワイナリー(島根県出雲市大社町菱根)の「島根わいん縁結(えんむすび)甲州2018」が、国産ブドウだけを使って醸造したワインの質を競う第17回日本ワインコンクール(同実行委員会主催)の甲州部門で、 (2019/08/06) [全文]

  • 起工式であいさつするシンエネルギー開発の高橋伸也社長(右奥)=米子市大篠津町

    山陰最大で国内有数 米子で木質バイオマス発電所着工

     鳥取県米子市大篠津町の和田浜工業団地で木質バイオマス発電事業を計画する米子バイオマス発電合同会社(東京都千代田区)が5日、2022年3月の運転開始を目指し、現地で発電所の起工式を開いた。出力54.5 (2019/08/06) [全文]

  • JR西日本米子支社の新支社ビル安全祈願祭で、くわ入れする関係者=米子市弥生町

    商都再生へ関係者期待 JR西米子 新支社ビル安全祈願祭

     鳥取県米子市中心市街地活性化の起爆剤として計画されるJR米子駅南北一体化事業に伴い、JR西日本米子支社が移転新築する新支社ビルの安全祈願祭が5日、同市弥生町の現地であった。懸案の大型プロジェクトの第 (2019/08/06) [全文]

  • 花火大会の打ち合わせをする「LIGHT UP OKI実行委員会」のメンバー

    「100年続く祭りに」 隠岐の島の住民有志が花火大会へ

     島根県隠岐の島町の住民有志でつくる「LIGHT(ライト)UP(アップ)OKI(オキ)実行委員会」(古川拓也代表、36人)が11日、同町中村地区で町唯一の花火大会を開く。2015年に始め、町内を巡回し (2019/08/05) [全文]

  • 靖国神社の慰霊の庭に飾られている多々納真さんの陶板(右)と、坂本章さんの陶板=東京都千代田区

    全国の陶工 陶板を奉納 山陰から多々納さん、坂本さん

     山陰両県を代表する陶工2人が、戦死者をまつる靖国神社(東京都千代田区)に桜を模した陶板を奉納した。地元の土を用いて焼き上げた陶板には、自身を桜に例えながら散華した若者たちへの慰霊の思いがこもる。2人 (2019/08/05) [全文]

  • 宍道湖を渡り、嫁ケ島に上陸する参加者=松江市浜乃木町

    松江 ロープ伝って200人 嫁ケ島へ水中散歩

     松江市の宍道湖に浮かぶ嫁ケ島に歩いて渡るイベントが4日あり、家族連れなど200人が青空の下、列をつくって水中散歩を楽しんだ。 イベントは嫁ケ島の保全に取り組むNPO法人水の都プロジェクト協議会が、宍 (2019/08/05) [全文]

  • 新しいトロッコ型車両の試運転を行う関係者=島根県邑南町下口羽、旧口羽駅

    新トロッコ型車両 旧三江線で試運転 江の川鉄道 

     NPO法人・江の川鉄道(島根県邑南町宇都井)が4日、旧JR三江線の旧口羽駅(同町下口羽)で、新しいトロッコ型車両の試運転を行った。新車両を使い、10~13日に一般向け運行イベントを開く。 同NPOは (2019/08/05) [全文]

  • 「島根移住者ブログ」や「しまね縁タメ」を運営し、情報発信を進める「はまちゃん」さん=松江市内

    兵庫出身の男性 実体験 ブログで発信 現実と魅力をアピール

     島根移住者の生の声を伝えたい-。昨年6月に松江市にIターンした兵庫県出身の男性(27)が、自らの移住体験で得た知識を伝える「島根移住者ブログ」を立ち上げ、情報発信を進めている。Iターン者に呼び掛けて (2019/08/05) [全文]

  • 清流・高津川を手作りいかだで下る参加者

    益田・高津川 11チーム環境美化訴え いかだで清流下る 

     第37回清流高津川いかだ流し大会が4日、益田市向横田町の向横田大橋付近から、同市安富町の西益田大橋付近まで約6.5キロのコースで行われた。市内の職場や地区、学校単位の11チーム89人が晴天の下、趣向 (2019/08/05) [全文]

  • バナナボートを楽しむ家族

    楽しむ夏 真っ盛り 隠岐の島 爽快マリンスポーツ挑戦

     隠岐の島町津戸の塩の浜で4日、マリンスポーツの体験イベント「海幸まつり」が開かれた。県内外の家族連れが青く澄んだ海でシーカヤックや、水上バイクでゴムボートを引っ張る「バナナボート」などを満喫した。  (2019/08/05) [全文]

  • ちょうちんの明かりを高津川に映しながら進む櫂伝馬船

    益田水郷祭 豊漁願いホーランエー 櫂伝馬船 威勢よく

     益田市の夏を彩る恒例の益田水郷祭が3日夜、益田市高津7丁目の高津川河口近くの河川敷であった。豊漁や海上安全を祈願する船神事「ホーランエー」では、男衆が威勢のいい掛け声とともに櫂(かい)伝馬船でこぎ出 (2019/08/05) [全文]

  • 1億円分の札束のレプリカに触れる小学生

    お金との上手な付き合い方 親子連れ50人楽しく学ぶ 

     夏休み中の小学生に金融に関する知識を楽しく身につけてもらうイベント「家族で学ぼう! お金との上手な付き合い方」が4日、鳥取県米子市東福原2丁目の米子信用金庫で開かれ、親子連れ50人がクイズやお小遣い (2019/08/05) [全文]

  • 宍道湖を鮮やかに彩る花火=3日午後8時51分、松江市末次本町、長時間露光(日高敏彦撮影)

    湖上彩る大輪1万発 松江水郷祭

     水都・松江の夏の風物詩で、松江水郷祭のメインイベントとなる湖上花火大会が3日夜、松江市の宍道湖東岸で始まった。4年ぶりの2夜開催となり、初日は1万発が夜空を彩った。最終日の4日は午後8時から3千発を (2019/08/04) [全文]

  • 各地方新聞社が発刊した書籍の中から気に入った1冊を探す来店者=出雲市高岡町、今井書店出雲店

    出雲で全国ブックフェア 地方紙発刊1300冊集合

     全国の地方新聞社が発刊した書籍を販売する「全国地方新聞社ふるさとブックフェアin出雲」が3日、島根県出雲市高岡町の今井書店出雲店で始まった。歴史、文化、自然などをテーマにしたエッセーやガイドブック、 (2019/08/04) [全文]

過去の記事の検索