ヨルダン王子の妻、出国準備 逮捕の王宮府元長官も

 ヨルダンの首都アンマンで式典に参列する前皇太子のハムザ王子=2009年6月9日(ロイター=共同)

 【カイロ共同】中東ヨルダンの前皇太子ハムザ王子と側近らが国家の不安定化を画策したとして側近らが逮捕された事件で、サファディ副首相兼外務・移民相は4日、王子の妻と、逮捕された王宮府のアワダラ元長官が出国する準備をしていたと明らかにした。

 サファディ氏によると、王子の妻を出国させるため、王子側の関係者が外国勢力に航空機の手配を依頼したのを確認。「ヨルダンの安定を損なう悪意ある計画」を実行する時期について外国勢力とやりとりしたことも把握し、軍高官が3日、計画を中止するよう王子に通告したが従わなかった。

 王子はその後、軍による軟禁下に置かれたとみられている。

共同通信社 2021年4月5日 無断転載禁止