スサマジ、アウェー戦中止 新潟の選手に濃厚接触者

 27、28の両日、新潟県長岡市のシティホールプラザアオーレ長岡で予定されていたバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)島根スサノオマジックのアウェー戦が中止となった。相手の新潟アルビレックスBBの所属選手が新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者に判断されたため。

 新潟などの発表によると、新潟は24日、千葉県船橋市の同市総合体育館で千葉ジェッツと対戦。26日に千葉の選手1人が新型コロナの陽性判定を受けたことから、保健所が濃厚接触者を調査した結果、新潟の12人の選手が該当した。

 Bリーグの規定では、新型コロナの濃厚接触者と判断された選手は試合にエントリーできない。少なくとも一方のチーム内でエントリーできる選手数が8人未満となった場合、試合は中止になる。

 27、28日の琉球-千葉も中止。三河と広島でも選手の陽性が判明し、27、28日の三河-大阪、広島-信州の中止が決まった。

2021年3月28日 無断転載禁止