第93回選抜高校野球大会 鳥取城北、三島南と初戦

オンラインでの抽選会を終え、決意を語る鳥取城北の畑中未来翔主将=鳥取城北高校
 日本一を目標に掲げる鳥取城北。畑中未来翔主将は対戦が決まった三島南について「投打のバランスが取れた総合力の高いチーム。まずは初戦が取れるようしっかりと研究し、対策を練って臨みたい」と気を引き締めた。

 選抜大会は昨年、新型コロナウイルスの影響で中止となった。畑中主将は「3年生の思いを背負い、甲子園で成長した姿を見せる。日本中に元気や勇気を与えられるようなプレーをしたい」と意気込んだ。

 鳥取城北は、昨秋の中国地区大会3位で中四国4強の中で唯一、チーム打率3割超えの勝負強い打線が持ち味。山木博之監督は「攻撃の力を最大限発揮し、点を取られても跳ね返せるよう準備をしていく。一日一日を大切にし、目標を見失わずにやっていきたい」と話した。

2021年2月24日 無断転載禁止