日本遺産 益田の活用術

 中世益田をテーマにした益田市のストーリー「中世日本の傑作 益田を味わう」が2020年6月、文化庁の日本遺産に認定されたのを受け、地元でビジネスや地域振興に生かす動きが出始めている。食の魅力を打ち出す独自メニューの商品化や観光拠点の整備方針、イベント開催に加え、セミナーやシンポジウムなどで機運盛り上げも図る。コロナ禍で観光業が苦境に立たされる中、好材料として取り組みを重ねる。(2月23日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2021年2月23日 無断転載禁止