女子ログ たくさんの洗濯物

 娘がまだ保育園だった頃、洗濯物の多さに大変な思いをしていた。保育園に行くのに毎日毎日シャツやパンツ、タオルを何枚も用意して、娘は外遊びで汚れたり、水遊びでぬれたりするたびに着替える。そして洗濯物はどんどんたまっていく。

 大きくなったら、泥遊びや水遊びをするわけでもないし、おそらく1日1枚ずつで済むんだろう。だから、もう少しガマンしようと思っていた。でも、甘かった。

 さすがに何枚もTシャツを洗うようなことはないが、制服や体操服、部活動用のシャツ、ジャージーその他。そして部屋着に外出着。点数は結構ある。おまけに成長しているから服1点当たりの分量もそこそこある。いや、洗濯物の総量はむしろ増えているような気がする。でもこれも成長の証しなんだろうなあ。

 中学、高校と進んだその先、進学や就職の段になって、県外で自分を試してみたくなるんだろう。私や夫もそうだった。正直、地元に残って一緒に暮らしてほしいけれど、若い頃に外に出た経験のある私たちには、「地元に残って」なんて娘に言う資格はない。

 洗濯物の量は、家族と一緒に暮らしている事を実感させてくれる。あと何年こんなにたくさんの洗濯物と格闘できるんだろうか。

 (浜田市・シコクフウロ)

2021年2月7日 無断転載禁止