米英首脳、同盟関係の深化を確認 対中国・ロシアで連携協議

 ジョンソン英首相(ロイター=共同)

 【ワシントン、ロンドン共同】バイデン米大統領とジョンソン英首相が23日、電話会談し、同盟関係を深化させていく方針を確認した。米国のトランプ前大統領が軽視していたNATOに関与を強めることで一致し、中国やロシア、イランへの対応に関する米英の連携について協議した。両国政府が発表した。

 バイデン氏は新型コロナや気候変動といった課題で協力の重要性を強調。ジョンソン氏は、バイデン政権による「パリ協定」への復帰や、WHO脱退に向けた手続きの停止を歓迎した。

 米英間FTAの利点についても議論した。英国は独自の通商政策の柱として、米国とのFTA締結を挙げている。

共同通信社 2021年1月24日 無断転載禁止