米ユナイテッド、接種を義務化か 従業員にコロナワクチン

 【ニューヨーク共同】米CNBCテレビは22日、米ユナイテッド航空が従業員に対し新型コロナウイルスワクチン接種の義務化を検討していると報じた。副反応への懸念などもあって主要企業は慎重な姿勢を崩しておらず、議論を呼びそうだ。

 カービー最高経営責任者(CEO)が21日の従業員向け説明会で「ユナイテッドや他の企業にとってワクチン接種を義務化することが正しい行動だと思う」と述べた。ワクチンの安全性にも自信を示した。ユナイテッドの従業員は約6万人。

 カービー氏は「ワクチン接種を義務化する唯一の企業になるとは思わない」とも述べた。

共同通信社 2021年1月23日 無断転載禁止