日銀、20年度成長予想引き下げ コロナ第3波でマイナス5・6%

 金融政策決定会合に出席するため、日銀本店に入る黒田総裁=21日午前

 日銀は21日、金融政策決定会合を開き、20年度のGDP成長率が前年度比マイナス5・6%になるとの「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表した。新型コロナの「第3波」を踏まえ、昨年10月に示した前年度比マイナス5・5%から下方修正した。長短期の金利を低く抑えることで経済を下支えする大規模な金融緩和策は維持した。

 展望リポートは景気認識について「厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」との判断を示し、昨年12月時点の表現からやや弱めた。緊急事態宣言再発令を受け、個人消費に関し「飲食・宿泊などのサービス消費に下押し圧力が強まっている」と指摘した。

共同通信社 2021年1月21日 無断転載禁止