アヒル農場で鳥インフル、千葉 出荷されたひなも処分へ

 千葉県は21日、横芝光町のアヒルの飼育農場で鳥インフルエンザが確認されたと発表した。県内の飼育施設での発生は今季3例目で、県は飼われているアヒル約6千羽の殺処分を始めた。この農場からは、1週間以内に6道府県の9農場にひな計約6千羽が出荷されており、各自治体でもひなの殺処分が進められている。

 農林水産省によると、出荷された農場があるのは北海道、宮城、茨城、埼玉、大阪、奈良の6道府県。殺処分対象となるのは埼玉県が約2100羽、大阪府が約300羽などで、各農場で飼育するそれ以外のアヒルは2週間移動が制限される。

共同通信社 2021年1月21日 無断転載禁止