輸出、2年1カ月ぶり増加 20年12月、中国向けが好調

 海外に輸出されるために港に並んだ新車=2020年8月、茨城県ひたちなか市

 財務省が21日発表した2020年12月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額は6兆7062億円で、2年1カ月ぶりに増加した。年明けの春節を前にした駆け込み需要で、中国向けが前年同月比10・2%増と伸びた。20年通年の輸出額は新型コロナ流行で自動車などが落ち込み、68兆4067億円となり、前年から11・1%減少した。

 12月の対中国は、輸出が1兆5567億円。プラスチックや非鉄金属が伸びた。輸入は1・8%増の1兆5686億円で、パソコンを含む電算機類が寄与した。

 全体の輸出から輸入を差し引いた貿易収支は7510億円の黒字で、6カ月連続の黒字だった。

共同通信社 2021年1月21日 無断転載禁止