立民の枝野氏「懲役容認できず」 コロナ感染者入院拒否巡る法改正

 衆院本会議に臨む菅首相(手前)=20日午後 衆院本会議で代表質問する立憲民主党の枝野代表=20日午後

 菅義偉首相の施政方針演説など政府4演説に対する代表質問が20日午後、衆院本会議で行われた。立憲民主党の枝野幸男代表は、新型コロナウイルス対策を強化する感染症法改正案に盛り込まれる入院拒否者への懲役刑に関し「到底、容認できない」と反対を明言。療養施設確保が政府の本来果たすべき責任だと迫った。緊急事態宣言再発令の遅れも批判。感染収束が見えない状況で国会論戦がスタートした。

 政府はコロナ感染者が入院を拒否したり、入院先を抜け出したりした場合、1年以下の懲役か100万円以下の罰金を科すとの条文を感染症法に設ける方針。

共同通信社 2021年1月20日 無断転載禁止