23年の大河は「どうする家康」 主演は「嵐」の松本潤さん

 松本潤さん

 NHKは19日、2023年に放送する大河ドラマのタイトルは「どうする家康」で、主演は活動を休止したアイドルグループ「嵐」の松本潤さん(37)と発表した。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した古沢良太さんが手掛ける。

 松本さんは大河ドラマ初出演。「嵐という船を一度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとってこんなに大きな挑戦はありません」などとコメントした。

 徳川家康が大河ドラマで単独の主人公になるのは1983年の「徳川家康」以来40年ぶり。

共同通信社 2021年1月19日 無断転載禁止