鳥取県内6例目のクラスター

鳥取県庁
 鳥取県が19日、これまで確認された新型コロナウイルス感染者のうち、5人が米子市内の接待を伴う飲食店の従業員と客だったとして、クラスター(感染者集団)の発生を認定した。県内6例目の認定となった。

 県によると、5人うち、4人が従業員、1人が客。客は18日に陽性が判明した米子市在住の20代男性会社員だった。

2021年1月19日 無断転載禁止