野党が補正組み替え要求 トラベル予算「認めず」

 立憲民主党の安住淳国対委員長は12日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の費用1兆311億円を盛り込んだ2020年度第3次補正予算案を組み替えるよう求めた。森山氏は持ち帰った。安住氏は「新型コロナウイルス禍のお金の使い方を間違えている。この予算は認められない」と記者団に強調した。

 森山氏は安住氏に対し、営業時間短縮の要請に応じた飲食店への「協力金」に充てるため、政府が20年度補正予算の予備費支出を週内に閣議決定すると説明した。

共同通信社 2021年1月12日 無断転載禁止