商品券2万円に変更し提案、兵庫 「現金5万」公約の丹波市長

 兵庫県丹波市は12日、新型コロナウイルス流行に対する経済支援策として、市内で使える2万円分の商品券を全市民に支給するための事業費約13億円を盛り込んだ補正予算案を市議会本会議に提出した。昨年11月の市長選で現職を破って当選した林時彦市長は「全市民に5万円給付」の公約を掲げていたが、2カ月足らずで見直した。

 林市長は提案説明で「11月以降、新型コロナの感染状況は大きく変化し、第4、5波への備えも検討しなければならない。今できる、市民に寄り添う施策だ」と理解を求め、「冷静かつ柔軟な対応が持続可能な市政運営につながると判断した」と述べた。

共同通信社 2021年1月12日 無断転載禁止