鳥取西部で3人感染 新型コロナ

 鳥取県は9日、県西部在住の70代男性と、いずれも米子市在住の10代と70代の男性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で確認された感染者数は計165人となった。

 県西部在住の男性は2020年12月28日から咳(せき)や息切れなどの症状があり、1月8日にPCR検査を受け陽性だった。症状は軽い。発症後に島根県への移動歴があるという。既に判明している感染者との接触は確認されていない。

 米子市在住の10代男性は、既に感染が判明している鳥取県外からの帰省者の濃厚接触者。同市在住の70代男性は、既に陽性が確認されている県西部在住者の接触者という。

2021年1月10日 無断転載禁止