神奈川で自宅療養男性死亡 安否確認不十分と県謝罪

 神奈川県は8日、新型コロナウイルスに感染し、自宅療養していた横浜市の60代男性が死亡したと発表した。死因は新型コロナによる肺炎だった。県の担当者は「療養期間のデータ入力に漏れがあり、安否確認や保健所の自宅訪問が十分に行われなかった。関係者におわびしたい」と謝罪した。

 県によると、男性は3日に感染判明。4日に電話で安否確認をした際に、通常より大幅に低い血液中の酸素飽和度を伝えた。再測定を試みたが、うまく測れなかったものの、しっかりと会話できていたことなどから、経過観察となった。

共同通信社 2021年1月9日 無断転載禁止