年末年始の出入国、9割超減 コロナ影響、成田と羽田

 閑散とした成田空港の国際線ロビー=2020年12月28日

 東京出入国在留管理局は8日、年末年始期間(昨年12月25日~今月3日)の成田、羽田両空港の出入国者数(速報値)を発表した。成田は前年比96・5%減の3万6570人、羽田も97・0%減の1万5910人だった。新型コロナウイルスの感染拡大で、国際線は大幅な減便が続いており、記録的な少なさとなった。

 管理局によると、成田の日本人の出入国者数は1万2430人、外国人は2万4140人。渡航先は中国(香港やマカオを除く)が最多の3800人で、ハワイやグアムを含む米国が3400人、韓国が1200人と続いた。

 羽田は日本人の出入国者数が1万770人、外国人は5140人。

共同通信社 2021年1月8日 無断転載禁止