料理研究家、鈴木登紀子さん死去 「ばぁば」の愛称で親しまれる

 死去した鈴木登紀子さん

 NHKのテレビ番組「きょうの料理」に40年以上出演し、「ばぁば」の愛称で親しまれた日本料理研究家の鈴木登紀子(すずき・ときこ)さんが2020年12月28日、肝細胞がんのため東京都内の自宅で死去した。96歳。青森県出身。葬儀は親族で行った。喪主は長男恭佐(きょうすけ)氏。

 自宅で開いた料理教室が評判となり、46歳で料理研究家としてデビュー。テレビや雑誌などで活躍し、和食を中心に旬の素材を生かした家庭料理を紹介した。著書に「旬の味」「ばぁば 92年目の隠し味」など。

共同通信社 2021年1月8日 無断転載禁止