オペラ歌手の岡村喬生さん死去 89歳、俳優・エッセー執筆も

 死去した岡村喬生さん

 日本を代表するオペラ歌手として知られた岡村喬生(おかむら・たかお)さんが6日、慢性腎不全のため東京都内の病院で死去した。89歳。東京都出身。葬儀は親族で行った。喪主は長男康生(やすお)氏。遺族の希望で香典などは辞退する。

 早稲田大でグリークラブに所属したのを機に声楽の道へ。バス歌手として1960~70年代に欧州の歌劇場で活躍した。帰国後はオペラやコンサートのほか、俳優としてNHK大河ドラマ「徳川慶喜」、伊丹十三監督の映画「静かな生活」などに出演。テレビ番組の司会を務め、エッセーも執筆して幅広く活動した。

 2011年にイタリアのプッチーニ賞を受賞した。

共同通信社 2021年1月8日 無断転載禁止