20年新車販売、N―BOX首位 4年連続、ヤリスが2位

 ホンダの軽自動車「N―BOX」

 2020年の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N―BOX」が前年比22・7%減の19万5984台で4年連続の首位となった。新型コロナウイルス禍の影響で販売台数は減少したが、使い勝手の良い広い室内空間が引き続き評価を集めた。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が8日、発表した。

 2位は燃費性能の良さが好評のトヨタ自動車の小型車「ヤリス」で15万1766台。3位はスズキの軽「スペーシア」が15・9%減の13万9851台、4位はダイハツ工業の軽「タント」が26・0%減の12万9680台だった。

共同通信社 2021年1月8日 無断転載禁止