岐阜知事選、保守分裂が確定 半世紀ぶり、4人の争い

 7日告示された岐阜県知事選は同日夕に届け出が締め切られ、現職と新人計4人による争いが確定した。自民党県連の支持は現職と元官僚の新人で割れ、岐阜県知事選で1966年以来の保守が分裂する激戦となる見通し。24日に投票、即日開票される。

 立候補したのは元内閣府官房審議官の新人江崎禎英氏(56)、元教諭の新人稲垣豊子氏(69)=共産推薦、元県職員の新人新田雄司氏(36)、5選を目指す現職古田肇氏(73)。

共同通信社 2021年1月7日 無断転載禁止