10日ごろまで暴風雪警戒 冬型の気圧配置強まる

 雪の中、福岡市の繁華街・天神地区を歩く人たち=7日午前 気象庁=東京都港区虎ノ門

 急速に発達する低気圧と強い冬型の気圧配置のため北日本から西日本では10日ごろまで雪を伴う非常に強い風が吹く恐れがあり、気象庁は7日、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、高波や大雪に警戒を呼び掛けた。

 8日朝にかけて強い冬型の気圧配置になる見通し。海は大しけとなるほか、低気圧の通過で北・東日本は大気の状態が非常に不安定になるため、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意が必要だ。

 8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北、北陸27m(40m)、北海道、近畿、中国25m(35m)、東海、伊豆諸島23m(35m)、四国、九州北部20m(30m)。

共同通信社 2021年1月7日 無断転載禁止