感染拡大の中、小学校再開 分散登校で密集回避、横浜市

 再開した小学校で元気よく体を動かす児童=6日午前、横浜市泉区

 新型コロナの感染拡大が続く中、横浜市の小学校で6日、冬休みを終えた児童らが登校を再開した。3密を避けるため、分散登校をするなどし、感染対策に細心の注意を払いながらの学校生活が始まった。

 横浜市泉区の市立緑園西小では密集を避けるため、時間差をつけて登校を実施。午前8時ごろにマスク姿の児童らが次々と姿を現し、校門で出迎えた教員と元気にあいさつを交わした。

 長期休暇明けは例年、校庭に全校児童が集まって行っていた朝会も今年は開かず、校長の話を各教室のテレビで放送。「新型コロナで病院のベッドが少なくなっている。防げるけがは防ぐようにしましょう」と呼び掛けた。

共同通信社 2021年1月6日 無断転載禁止