女子ログ 実家の大掃除

 いつもの年末年始だと、ここからちょっと離れた実家に県外からきょうだいたちが帰ってくる。大みそかよりも少し早めに到着し、迎春の準備を手伝うことになっているのだ。離れていていつもはできない親孝行をするわけで、親もありがたがっている。

 普段からその気になれば簡単に実家に帰る私の方は、年末年始に帰っても実家には泊まる部屋もないので、お正月に顔を出して、みんなにあいさつしておしまいにするのがいつものパターンだ。しかし、今年はそうはいかなくなった。

 きょうだいは皆、関東や関西に住んでいるので、親の方が早々と今年は帰ってこなくていいからと連絡をした。家の片付けは私たち家族にしてもらうからと言って。私には一言も断りなしに電話をしているのだが、まあ仕方ない。今まできょうだいにやってもらっていた分、今年くらい私と夫だけでやってもいいやと思い、仕事を始めた。

 踏み台を持ってきて、神棚の掃除を久しぶりにしてみて思ったのだが、高齢者にはしんどい作業だ。いつもなら兄の受け持ちだったそうだ。

 来年は日帰りでもいいから、きょうだいと一緒に片付けをしようか。でもそのためにはまずはわが家の片付けを急ぐ必要がある。できるだろうか…。

(浜田市・ピオーネ)

2021年1月5日 無断転載禁止