コロナ「起源の動物見つからず」 中国専門家が主張

 【北京共同】中国疾病予防コントロールセンターの専門家高福氏は30日までに、新型コロナウイルスの起源に関連して「徹底的に」湖北省武漢の市場や周辺の動物を探したが、中間宿主は見つからなかったと強調した。国営通信、新華社(電子版)が伝えた。

 新型コロナの起源を巡っては、世界保健機関(WHO)の国際調査団が来月、武漢に入る予定。

 高氏は1月、閉鎖後の市場で検体を採取。その後、取引されていた野生動物が感染源とみられると発言していたが、立場を変えた。

 高氏は「新型コロナには動物の媒介者がいると国際的に疑われているが、そうした思考は正しいだろうか」と主張した。

共同通信社 2020年12月30日 無断転載禁止