ワクチン接種遅い、とバイデン氏 新政権での加速を表明

 バイデン次期大統領=29日、デラウェア州(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】米国のバイデン次期大統領は29日、トランプ政権が進める新型コロナウイルスのワクチン供給について、当初計画していた年内の2千万人への接種よりも「大幅に遅れている」と批判した。来年1月20日の新政権発足後、100日以内に1億回分の接種を目指すと改めて強調した。地元の東部デラウェア州で述べた。

 CNNテレビによると、29日までのワクチン接種は約210万回分にとどまっている。バイデン氏は、このままのペースでは十分な数の米国人が接種を受けられるのに「数カ月ではなく何年もかかる」と非難。自身の政権下では「現在のペースを5~6倍に加速させる」とした。

共同通信社 2020年12月30日 無断転載禁止