入国者の移動追跡システムを開発 平井担当相、利用義務付けの意向

 平井デジタル改革相

 平井卓也デジタル改革担当相は27日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス感染症対策として、海外から入国した人の移動を追跡するシステムを開発していると明らかにした。「使ってもらわないと入国させないというところまでやらないと効果がない」と述べ、入国者には利用を義務付ける意向を示した。来年の東京五輪・パラリンピックまでに完成させる。

 システムの詳細には言及しなかったが、GPSを活用すると説明。スマホなどに搭載されたGPS機能が念頭にあるとみられ「切られると追跡できなくなる。こういう事態だから許されると思う」と述べた。「COCOA」とは別のシステムになるという。

共同通信社 2020年12月27日 無断転載禁止