国民民主党、解党時残高は27億 2日前に10億円を資金移動

 総務省は25日、合流新党結成で9月に解党した立憲民主、国民民主両党の2020年分政治資金収支報告書を公開した。国民は解党2日前に10億円を寄付金として党の政治資金団体に移しており、残高は27億円だった。同党代表を務めた玉木雄一郎氏は25日の記者会見で、資金移動について「事務所費などの支払いに充てるため」と説明した。

 収支報告書によると、国民は9月9日、献金の受け皿となる政治資金団体「国民改革協議会」に10億円を寄付。同4日には所属国会議員62人の資金管理団体などに1人当たり1千万円を分配していた。

共同通信社 2020年12月25日 無断転載禁止