安倍前首相、国会答弁訂正し陳謝 「桜」費用補填「道義的責任」

 「桜を見る会」問題を巡る記者会見で、頭を下げる安倍前首相=24日午後6時6分、国会

 安倍晋三前首相は24日、「桜を見る会」前日の夕食会費用補填問題を巡り国会内で記者会見した。政治資金収支報告書に補填分が記載されなかった会計処理を知らなかったと釈明し「道義的責任を痛感する」と述べた。現職首相としての国会答弁が事実に反していたと認め「国民、全ての国会議員に深くおわびする」と陳謝した。衆院議員辞職や自民党離党は否定した。会見は1時間余りだった。25日に衆参両院の議院運営委員会で答弁を訂正する。首相経験者として異例の対応となる。

 安倍氏が公の場で答弁の誤りを認め、陳謝したのは初めて。刑事処分では不起訴となったが、結果的に国会軽視が鮮明となった。

共同通信社 2020年12月24日 無断転載禁止