妊娠届8~10月4・6%減 出生数大幅減の懸念強まる

 厚生労働省は24日、全国の自治体が今年8~10月に受理した妊娠届の件数を発表した。前年同期比で4・6%、1万369件減少した。既に公表している5~7月分の届出数よりは減り幅は小さくなったものの、来年の子どもの出生数が大幅に減る懸念が強まった。

 8~10月の妊娠届の件数は計21万5417件。前年比では8月が6・0%減の6万8559件、9月が1・0%減の7万1865件、10月が6・6%減の7万4993件だった。

 新型コロナウイルス感染拡大による経済的な理由のほか、広域な移動を伴う里帰り出産が難しい状況など、出産環境の変化が影響したとみられる。

共同通信社 2020年12月24日 無断転載禁止