陸自看護官、旭川から撤収 道と市、延長求めず

 派遣先の障害者施設「北海道療育園」から撤収する陸上自衛隊員=21日夜、北海道旭川市

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、北海道旭川市の2医療機関に派遣されていた陸上自衛隊の看護師「看護官」が21日、撤収した。大規模なクラスター(感染者集団)が落ち着きつつあり、道と市は延長を求めなかった。

 看護官が派遣されたのは「慶友会吉田病院」と障害者施設「北海道療育園」。吉田病院は新型コロナの患者数が減少し、北海道療育園では看護師復帰が進んだため、市は派遣の必要性がなくなったと判断。北海道の鈴木直道知事も了承した。

 市は看護師不足を理由に道に看護官派遣を求め、鈴木知事が8日、自衛隊法に定められた「災害派遣」を要請していた。

共同通信社 2020年12月21日 無断転載禁止