日本医師会など「緊急事態」宣言 9団体合同、通常医療困難と警告

 「医療緊急事態宣言」を発表し、記者会見する日本医師会の中川俊男会長(右)ら=21日午後、東京都文京区

 日本医師会(日医)や日本看護協会、日本病院会などの9団体は21日、東京都内で合同記者会見を開き、新型コロナの感染拡大に伴い、通常の医療を提供できない恐れがあると警告する「医療緊急事態宣言」を発表した。政府に現場への支援を要請、国民に感染防止の徹底を求めた。

 日医の中川俊男会長は会見で「万全の感染対策が最強の経済対策になる」と強調し、政府に早急に対策を打ち出すよう求めた。

 宣言は「このままでは全国で必要な全ての医療提供が立ち行かなくなる」と指摘。年末年始の行動が大きく影響するとの見方を示し「一致団結し新型コロナを打破する意を決する時は今しかない」と訴えた。

共同通信社 2020年12月21日 無断転載禁止