コロナ変異種、国内で確認なし 加藤官房長官、入国制限を継続

 加藤勝信官房長官は21日の記者会見で、英国で急速に拡大する感染力が強い新型コロナウイルス変異種について「国立感染症研究所によると、国内で確認されていない」と述べた。水際対策に関しては「もともと英国を上陸拒否対象国に指定しており、入国を原則禁止している」と述べ、継続する考えを示した。

 変異種の状況を巡り、英国政府や世界保健機関(WHO)と緊密に連携を取っているとした上で「感染拡大防止に努めたい」と語った。

共同通信社 2020年12月21日 無断転載禁止