愛知・西尾市議14人が懇親会 参加者「反省はある」

 愛知県西尾市議14人が今月18日に同市内の旅館で飲酒を伴う懇親会を開いていたことが21日、分かった。参加した複数の市議が取材に対し認めた。政府は5人以上での飲食は「新型コロナウイルスの感染リスクが高まる」として注意を促している。

 参加した神谷庄二市議は「全員の意見を聞くため、この形式にした。やめておけばよかったかもしれないという反省はある」と話した。

 神谷市議らによると、懇親会に参加したのは自民系会派「市民クラブ」の14人。18日夜に同会派の石川伸一幹事長が経営する旅館で1時間半程度会食した。マスクを着用したコンパニオン3人も同席した。

共同通信社 2020年12月21日 無断転載禁止