米、重いアレルギー症状が6例 ファイザーワクチン接種後

 米製薬大手ファイザーの製造工場=11日、ミシガン州(AP=共同)

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は19日、米製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンを接種後、アレルギー反応の中でも特に重いアナフィラキシー症状が6例確認されたと有識者委員会で公表した。

 CDCによると、14日から19日までに全米で少なくとも27万2千人に接種。18日の段階で、急激なアレルギー反応が全身に出るアナフィラキシー症状が6例報告された。1人は狂犬病ワクチンでこの症状を起こしたことがあった。

 委員の一人は「一般的なワクチンより頻度が高くみえるが、接種の利益がリスクを上回るとの評価を変える必要はない」と述べた。

共同通信社 2020年12月20日 無断転載禁止