スサマジ白星遠く リズム奪われ6連敗

【第22戦・島根-琉球】第2クオーター、島根のデモン・ブルックス(中央)がシュートを決め、16-23とする=コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク県民体育館
 バスケットボールBリーグ1部(B1)西地区6位の島根スサノオマジックは19日、ホームの鳥取市布勢、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク県民体育館の第22戦で同地区2位の琉球ゴールデンキングスに67-92で負けた。6連敗で通算8勝14敗、順位は5位となった。

 10季ぶりとなる鳥取市での公式戦に臨んだ島根は、琉球の選手9人に計15本の3点シュートを決められてリズムを奪われ、第3クオーターで追い上げたものの、勢いが続かなかった。

 琉球との第23戦は、20日午後1時35分から同体育館である。



 ◇第22戦(19日・コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク県民体育館、1271人)

  琉  球  92 21-8 67 島  根

  16勝6敗    14-18   8勝14敗

           29-23

           28-18

 【評】島根は序盤にリードを奪われ、追いつけなかった。

 先発は阿部、ブルックス、トラビス、北川、杉浦。第1クオーター序盤は杉浦、トラビスの2点シュート、北川の3点シュートで7-2とリードするが、ゴール下の決定率を欠きつつ、ギアを上げた相手の攻撃に苦しみ、残り1分45秒までに13点を奪われて失速した。第3クオーターでトラビスがダンクを決め、途中出場の後藤が機動性のある動きを見せて一時は9点差まで追い上げた。

 最終クオーターでファウルが重なり、フリースロー9本を許すなど琉球ペースとなり、点差が開いた。

 3点シュートの成功率は相手の42・9%に対し、島根は30・0%にとどまった。

2020年12月20日 無断転載禁止