インド感染1千万人超える 米国に次いで2カ国目

 マスクを着けて買い物する人たち=18日、インド・ムンバイのショッピングモール(AP=共同)

 【ニューデリー共同】インド政府は19日、新型コロナウイルスの感染確認者が計1千万4599人となったと発表した。1千万人を超えたのは米国に次いで2カ国目。死者は米国、ブラジルに次ぐ14万5136人。

 インドではワクチン3種の緊急使用許可が申請されており、当局が流行収束に向けて審査を急いでいる。

 13億人超の人口を抱えるインドでは、9月中旬に1日当たりの感染確認が9万人台で推移した後、増加ペースは鈍り、今月に入って2万~3万人台となっている。

共同通信社 2020年12月19日 無断転載禁止