安倍前首相、国会招致応じる意向 捜査終結後「誠実に対応したい」

 安倍晋三前首相

 安倍晋三前首相は18日、後援会が主催した「桜を見る会」前夜の夕食会の費用補填疑惑に関し、東京地検特捜部の捜査終結後、国会招致要請に応じる意向を示した。国会内で記者団に「当然、国会に対しても、誠実に対応していきたい」と明言した。立憲民主党の安住淳国対委員長は記者団に「国民が見られる形にしないと意味がない。今年中に実現するのは当然だ」と述べ、衆参両院の予算委員会で説明が必要だと強調した。

 安倍氏は「現在、検察で捜査中だが結果が出次第、誠意を持って答えさせていただきたい」と語った。

 公明党の石井啓一幹事長は「安倍氏がしっかり説明することを期待したい」と述べた。

共同通信社 2020年12月18日 無断転載禁止