デジタル庁創設予算で合意 閣僚折衝、地方交付税を協議

 2021年度予算案の取りまとめに向け、「閣僚折衝」に臨む麻生財務相(右)と岸防衛相=17日午前、財務省(同省提供)

 麻生太郎財務相は17日、2021年度予算案の取りまとめに向けて各閣僚と重要事項を最終調整する「閣僚折衝」に臨んだ。折衝後に記者団の取材に応じた平井卓也デジタル改革担当相は、来年9月に創設するデジタル庁の人件費や基盤システムの開発予算として81億円を計上することで合意したと明らかにした。

 閣僚折衝では地方交付税交付金の扱いなどを議論。予算案は過去最大を更新する106兆円台後半で最終調整しており、21日に閣議決定する。

 麻生氏は17日に閣僚15人と協議。武田良太総務相と地方交付税について議論するほか、野上浩太郎農相とは農産品の輸出拡大策の予算規模を調整した。

共同通信社 2020年12月17日 無断転載禁止