自民、公明の斉藤鉄夫氏を支援へ 衆院広島3区、連立重視

 自民党は16日、次期衆院選広島3区を巡り、公明党公認の斉藤鉄夫副代表を支援する方向で調整に入った。広島3区は、公選法違反罪に問われ自民党を離党した河井克行元法相の地盤で、自民党県連は県議擁立を準備するが、党執行部は連立を組む公明党との関係を重視。全国で選挙協力を円滑に進めるためには、斉藤氏支援に回るべきだと判断した。複数の関係者が明らかにした。

 自民党執行部は県議について、比例代表の名簿上位に単独で処遇する案を検討している。ただ、自民党広島県連の反発が予想される。執行部との折衝に当たってきた岸田文雄前政調会長(衆院広島1区)らの理解を得たい意向だ。

共同通信社 2020年12月16日 無断転載禁止