島根県立中央病院の検査終了 新たな感染者なし

 島根県が15日、病院職員1人と入院患者1人が新型コロナウイルスに感染した島根県立中央病院(出雲市姫原4丁目)について、関連する接触者などのPCR検査を全て終えたと発表した。新たな感染者はいなかった。

 該当病棟の退院者のうち未検査の2人は県外在住で、健康不安があれば管轄の保健所に相談するよう指導済みという。

 このほか、同病院が自主的に実施した全職員と院内の委託業者に対する検査も終了し、計2004人全員の陰性を確認した。

 一方、学生7人が感染した島根大医学部(同市塩冶町)は同大付属病院の入院患者と医療スタッフ計88人の陰性を確認。引き続き接触者の検査を進める。

2020年12月16日 無断転載禁止