鳥取J2昇格消滅 明治安田J3第32節

 明治安田J3第32節(9日・Axisバードスタジアムほか=9試合) 

 サッカーJ3、6位のガイナーレ鳥取はホームのAxisバードスタジアム(鳥取市)で首位のブラウブリッツ秋田と対戦し、0-0で引き分けた。通算15勝6分け11敗、勝ち点51で7位となった。この日、2位長野と3位相模原が勝利して勝ち点を伸ばしたため、2試合を残し、鳥取の今季J2昇格の可能性は消滅した。

 鳥取は前半、押し込まれる場面が多かったが、DF陣の堅い守りとGK田尻の安定したセーブで得点を許さなかった。後半に入ってからは積極的な攻めを展開。同21分にベテランのFWフェルナンジーニョを投入し、カウンターやサイド攻撃を繰り広げたが、最後までゴールを揺らすことはできなかった。

 鳥取は今季、「情熱2020」をスローガンに掲げて始動。選手たちは豊富な運動量で攻守に奔走し、第3節から4連勝するなど一時は2位に浮上した。ただ、中盤以降、徐々に失速。第16節から3連敗し、その後も下位に黒星を喫するなどして順位を下げた。

 第33節は13日午後1時から、アウェーのとうほう・みんなのスタジアム(福島市)で11位の福島ユナイテッドFCと対戦する。

2020年12月10日 無断転載禁止