島根県海士町「まちのファン」との交流に特化したLINE公式アカウントをソーシャルデータバンク株式会社が開設支援

SDB
~観光情報、ふるさと納税の情報などを発信~

ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 俊輝)は、島根県海士町、AMAホールディングス株式会社(島根県隠岐郡海士町)、株式会社アローリンク(兵庫県神戸市)と協働し、『まちのファン』との交流に特化したLINE公式アカウントを開設しました。 海士町は、LINE株式会社(東京都新宿区)が各地自治体と連携する「LINEスマートシティ推進パートナープログラム」(https://linegov.com/) に加盟し、本公式アカウントの運営を通じて『関係人口のより一層の醸成』に役立てたいと語っています。



海士町ファン(まちのファン)との交流に特化したLINE公式アカウント
町の名産品や観光地をLINEで発見できる

海士町は、「自立・挑戦・交流」を町政の経営指針に掲げ、「ないものはない」を合言葉に、島国の価値や生き様を島内外に発信しながら、「攻め」のまちづくりを20年に渡り続けていました。

新型コロナウイルスの影響により「島に行きたくても行くことができない…」、「島に足を運んでも大丈夫なのだろうか…」など、来島がかなわず、ファンとの交流がストップ。そこで『まちのファン』との交流に特化した海士町の魅力を発信するLINE公式アカウントを開設いたしました。

来島がかなわない場合も、海士町ファン(まちのファン)の皆さまとLINEで「友だち」になることで、海士町ファンの方々とのつながりをより深いものにしていきたいと考えております。


■LINE公式アカウントの構築にはLINEマーケティングツール「Liny」を活用
LINE公式アカウントの構築には、弊社が提供するLINEマーケティングツール「Liny」が活用され、 チャットボットやメニューの切り替えなどができるようになっています。

はじめて海士町を知る方にも気軽に島を知っていただけるよう、 島のアクセス方法や観光情報等のご案内、『知る、 行く、 食べる』の3つの観点から海士町についての情報や、ふるさと納税の情報をチャットボットでリアルタイムに受け取ることもできます




「海士町」LINE公式アカウント

アカウント名:海士町
LINE ID   :@amacho

「友だち登録」の方法
LINEアプリをスマートフォンにインストールした後、 下記のいずれかの方法により、 登録ができます。

■友達追加からの登録
ホームの「友だち追加」画面から、 「ID検索」ボタンを選択する。
「@amacho」と入力・検索し、 登録する。

■リンクからの登録
https://liny.link/r/1655255034-WnBN67d0?lp=vKo4vk より友だち登録をする。

■QRコードからの登録

今後は、ターゲットの細かいセグメントもできる「Liny」を活用し、性別・年齢・居住地域などターゲット層を細かく設定し、それぞれに合わせた情報配信をしていきたいと考えております。


ソーシャルデータバンク株式会社について

LINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を中心に、ビジネスでのLINE活用のご提案やサポートを行っている企業です。

リリースからわずか2年で導入企業数2500社を突破したLinyの活用や運用ノウハウを提供し、企業の集客や販促施策に貢献し、マーケティング関係の展示会へも出展しています。また、コロナ禍を境に、政府機関6省庁、 33都道府県、その他基礎自治体の導入なども急激に進んでおります。

またLINE株式会社が定めている「Technology Partner」や「LINE公式アカウント認定パートナー」としても認定され、ツールの改善やLINEの活用法について積極的にアドバイスを行っています。

ソーシャルデータバンク株式会社 概要
会社名 :ソーシャルデータバンク株式会社
所在地 : 〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目3-6 3F
代表者 :代表取締役 伊藤 俊輝(いとう としき)
事業内容:マーケティングツールの開発と運用
URL   : https://line-sm.com/

■【マンガ】3分でわかるLiny!
URL: https://line-sm.com/blog/manga/

■Liny活用ブログ
URL : https://line-sm.com/blog/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2020年12月9日 無断転載禁止