女子ログ じたばたしてみる

 自分でも諦めが悪く、何かにつけて、じたばたする方だと思う。

 昔からそうだ。例えば、算数や数学だ。三つの式で答えが出せるような問題で、なぜか四つも五つも式を書くのだ。

 一つの式で済む話を二つの式に分けて記したり、差し引きするとゼロになる式を二つ加えたり…。つまり効率的でなく、無駄な動きが多かった。

 これは算数や数学に限らない。寄り道をしたり、ちょっと休憩したり、気晴らしに他の事をしてみたりする。「最終的に正解にたどり着いたり、解決できたらそれでいいじゃん!」と開き直ってはいる。

 じたばたすることはかっこ悪いし、みっともないかもしれない。でも悪いことばかりじゃない。いろいろ試しているうちに、たまたま、偶然なんだが、答えにぶち当たることもある。単なる幸運ということもあるが、いろいろやって努力した結果ということだって少なくない。

 他の人は私より簡単に答えを見つけて解決してしまうことも多い。でもこれが私のやり方なんだ。焦る必要はない。

 それに結構じたばたするのって、意外な発見に出くわすこともある。嫌な仕事がちょっと楽しくなったりもするのだ。

 (松江市・花の島)

2020年11月21日 無断転載禁止