女子ログ コーヒーブレーク

 このところ一気に寒さが厳しくなってきたせいだ。朝、布団から出るのがおっくうになってきた。日もすっかり短くなり、外はまだ、太陽が顔を出していない。だいたいは、えいやっと勢いを付けて起きだして、すぐに布団を片付ける。悪魔のささやきにも似た「二度寝」の誘惑にかられないようにだ。

 小さめのコップに冷たい水を入れて飲むと、体が刺激を受けて目を覚ましだすような感じになる。後は食事と一緒に飲む温かいコーヒー。これで体は仕事モードになってくれる。私の体から眠気を引きはがす儀式みたいなものだ。

 いつのことからだろうか。コーヒーを飲むようになったのは。記憶は定かではないが、中学生の時の試験勉強がきっかけだったように思う。あの頃は目がさえて、勉強が終わった後、なかなか寝付けず、困ったこともあったが、そのうち体は慣れてしまい、コーヒーを飲んですぐにうたた寝し、何のために飲んだのか、と後悔することもあった。

 今でも少々のカフェインでは、眠気は消えてなくならないのに、それでもコーヒーを飲むのは、逆「ちょっと休憩して気分転換」と体の方が求めてくるからだと思う。あまりにも忙し過ぎるとき、ぼーっとできる時間は結構大事なのだ。

 (松江市・アルペジオ)

2020年11月20日 無断転載禁止