冬の味覚「松葉がに」解禁

イオン株式会社
山陰地方のイオン各店にて、順次販売開始

11月6日(金)に解禁を迎えた、日本海の冬の味覚「松葉がに」。 イオンでは、「松葉がに」をお客さまに楽しんで味わっていただきたいとの思いから、11月6日(金)夕方より、イオン鳥取北店・イオン鳥取店・イオン日吉津店にて、兵庫県浜坂漁港から直送した「松葉がに」「せこがに(親がに)」の販売を開始しました。


※画像はイメージです。


「松葉がに」の資源状況は1990年代中頃から増加傾向にありましたが、近年減少傾向で推移しております。
イオンは限りある水産資源を大切にすると共に、地域の食文化の継承のため、新鮮な魚貝類の販売につとめてまいります。

また今年は、おうちにいながら美味しい旬の味覚を楽しんでいただけるよう、新たにネットスーパーでのご注文も承ります。


【「松葉がに」販売開始日について】
11月6日(金)より、イオン鳥取北店、イオン鳥取店、イオン日吉津店
11月7日(土)より、イオンスタイル松江、イオン米子駅前店、イオン菅田店、イオン津ノ井店
11月8日(日)より、イオンスタイル出雲、イオン大田店、イオン益田店

※販売開始時間は店舗により異なります。
※天候不順のため、水揚げなき場合はご容赦ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2020年11月7日 無断転載禁止